鎌倉 歯医者 

歯周病治療 Perio


歯周病について

現在、日本人の成人70%以上が歯周病だと言われています。歯周病は「歯の周りの病気」です。

歯周病は歯周病原菌の感染により、罹患する病気です。すなわち感染症の一種です。

歯みがき(ブラッシング)をしなかったり、磨き残しがあったり、定期検診を受診しなかったりすると、歯垢(プラーク)が蓄積していきます。

この歯垢の中には数百種類もの細菌が存在します。

この細菌が歯と歯ぐき(歯肉)の隙間に溜り炎症を起こし歯ぐきが赤く腫れてしまいます。

これが悪化していくと歯ぐきの中の骨まで溶かしてしまうという恐ろしい病気なのです。


歯周病の症状は?

歯周病になると以下のような症状が現れます。その時は歯周病の可能性がありますので歯科医院に受診しましょう。

  • 歯茎の色が赤く、腫れている
  • 歯茎から血が出やすい
  • 歯茎がブヨブヨする
  • 歯茎が痛みがある(むずがゆい)
  • 歯と歯の間の歯茎が下がってしまった
  • 歯茎を押すと膿が出てくる
  • 歯と歯茎の間に、ネバネバした白いものがついている
  • 歯と歯茎の間に、硬い石のようなものがついている

虫歯の進行段階と治療法

進行度 イメージ 症状・治療法
軽度歯周炎  
危険度★★
// 軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。
軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。
この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。
中度歯周炎  
危険度★★★
// 中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。
歯周ポケットは4~5mm程度です。
この段階での治療法はスケーリングなどを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。
フラップ手術は局所麻酔後、歯茎を切開し、隠れているプラークや歯石を取り除き、歯周病の進行を止める手術を行うことがあります。
重度歯周炎  
危険度★★★★★
// 重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。
歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。 この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。
しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。