鎌倉 歯医者 

虫歯治療 Caries


虫歯について

口腔外科、抜歯虫歯とは細菌によって歯が溶かされる病気であり、自然に治癒することはありません。

放置しておけばそのまま悪化してしまうため、虫歯になってしまった歯は歯科医院で治療しなければなりません。

歯は進行すればする程、削る量が多くなります。虫歯は進行段階によって名称が異なり、一般的には「C0」~「C4」に分類されます。

虫歯のメカニズムとは?
虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が歯の表面の「エナメル質」を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼びます。

歯の原因菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。


虫歯の進行段階と治療法

進行度 イメージ 症状・治療法
C1の場合(初期)  
危険度★
// 虫歯ができ始めの状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
C2の場合(軽度)  
危険度★★
// 虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
C3の場合(中度)  
危険度★★★
// 虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。
C4の場合(重度)  
危険度★★★★★
// 歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。