鎌倉 歯医者 

審美歯科 Cosmetic dentistry


白く美しい歯と身体にも優しい審美歯科

審美歯科とは一般的に、見た目の美しさを追求する歯科治療と言われていました。

しかし、当院の美容審美歯科は白く美しい見た目の審美性はもちろん、銀歯などの金属を使わないで、オールセラミックやジルコニアなどのメタルフリーの素材を使って治療を行うことで、金属アレルギーや金属イオンによる歯肉の黒ずみのリスクを減らすことを考慮した上で治療をします。

今後の歯科治療は金属を使用しないメタルフリーの治療がスタンダードになると言っても過言ではないでしょう。

かじわら歯科クリニックでは金属を使用しないメタルフリーによる審美歯科をしております。

当院の体に優しいメタルフリーによる審美歯科にご興味がある方はお気軽にご相談ください。


銀歯は金属アレルギーの原因なるのか?

現在の日本の保険適応範囲内の被せ物や詰め物の素材は、パラジウム、クロム、鉄、コバルト、マンガン、ニッケル、亜鉛、銅、プラチナ、銀などの重金属が使われています。これらの金属は詰め物や被せ物に使用しますが、この金属がお口の中でゆっくりと溶け出しアレルギー反応を起こすことがあります。これを金属アレルギーと言います。

金属アレルギーの主な症状は以下になります。

  • お口の中に膿胞や発疹、口内炎
  • 舌がピリピリする
  • アレルギー性皮膚炎
  • 皮膚のかゆみやかぶれ
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 頭痛 etc…
金属アレルギーの対策として、既に金属を使用している場合は、金属を使用しないメタルフリーによるセラミック素材に変更することが最適です。